スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

What Should We Do to Convey Our Message?

Good Evening, I am Yubo and I am one of the musicians who play the keyboard.
ライブミュージシャンとして鍵盤を弾く一人のゆーぼーです。こんばんは。

We finished 4th Run Through. This time, our choreographer Ayapy added dance to our curtain call!
Run through is the opportunity so precious to everyone in each section to work with all the members. We, Live Musicians also put importance on Run Throughs because we can experience the same thing as the actual performance in May - Same atmosphere, same nervousness we all have before the play starts and in the intermission, and so on. It is also the time we strongly feel we are seen on the stage by the audience. So we take care of our postures and our attitudes. We have some guests who have already experienced MP in our Run Through every time and they add some tension to the atmosphere, however, I feel like I am gradually getting used to it as we practice over and over.

4回目の通し練習を終えました。今回は、振り付けのあやぴーによってカーテンコールの歌に動きがつきました!
通し練習は、普段別々に働いている各セクションが集まる貴重な時間であり、私たちミュージシャンも毎回それを痛感しながら練習をしています。開演前の静けさも休憩時間の緊張も本番と同じで、舞台上では常に見られている意識を持って姿勢や態度にも気を使います。ゲストのOB,OGの先輩方が見に来てくださっていることでさらに張りつめる空気にも、回を重ねるごとにだんだんと慣れ、以前よりのびのび演奏できてきたように思います。

What is Live Musicians in MP? I thought about it and talked with other members. It seems we, Live Musicians are like half-actors & half-staffs. We play music on the stage, not in other places hidden from the audience because our work is to assimilate our feelings to those of the characters, and to let the audience see us producing the music and conveying the message. It is not good only to play music well thinking about nothing. We have to think about who we are on the stage so that the whole play make sense.

MPでのライブミュージシャンは、どういう存在なんでしょうか。考えて、メンバーとも話し合ってみました。私たちライブミュージシャンは、半キャスト、半スタッフっていう立場にあるみたいです。生演奏である意味は、舞台上で起こる物語に自分たちも同化させること、お客さんの目に見える場所で演奏して、その音が届く過程を示すこと。だから、私たちはただ漫然と座って上手く演奏すればいい訳では決してない。物語の中で私たちは何者として舞台上にいるのかを考えないと辻褄が合わなくなっちゃうし、どう演奏するのかがさっぱりわからなくなってしまいます。

Hisashi, our director always tells every one of us to "breathe the same air" during the play. Each section should gather like a piece to let the beautiful "chemical reaction" happen. What can I do for that? Playing the keyboard on the stage, behind the characters, I try very very hard to see the same things as the characters do, feel what characters feel, look at the moon and the stars in the sky. Those experiences should be mine, everyone's. None of us should be an outsider. I feel that is the first step to make the audience experience the same thing as the characters.

ディレクターのひさしがいつもいつも繰り返し言っているのは、公演中、全員が同じ空気を吸うこと。各セクションがぴったり合って、化学反応を起こさなきゃいけない、と。そのために、私は何をすべきなんでしょうか。後ろで弾きながら、登場人物が見てるものを一緒に見て、感情も、あたかも自分のことのように必死に考え、同じ星空や月を必死に見上げる。絶対に他人事ではいけない。それができて初めて、その話を客席から見てる人にも同じ体験が共有できるのかもしれません。

Every member wishes the audience to feel something (if it is small or big) after watching this stage. This is not easy. Our stage should not be just self-satisfaction. How can we send our message through this play? - That is what I am going to think very hard until the performance day.

この話を見終わったお客さんに、必ず何か持って帰ってもらおう、っていう意気込みでみんなでやっていますが、それは簡単なことではありません。自分たちだけで盛り上がっていてはそれは達成できません。どうしたら伝わるのか、それを考えて考えて、ラスト一か月弱やろうと思います。

We are still struggling but every time Hisashi gives us the comment saying "This is gonna be a really good stage" and it really helps me a lot. Thank you.

私たちはまだまだ奮闘中ですが、通し練が終わった後のひさしの「必ずいい舞台になる」という激励に、いつも助けられています。本当にありがとう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Model Production 2012

Author:Model Production 2012
Model Production 2012 Official Blog へようこそ!

ここではModel Production(東京学生英語劇連盟/通称MP)とは何か、MP12を作り上げていく過程・リハーサルの日々をつづっていきます。

ご質問や、ご参加に関するお問い合わせは、
modelproduction12@gmail.com
までお気軽にどうぞ♪

MP12 Official Website
http://mp2012.web.fc2.com/

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。