スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツチノコは存在するのかどうか。

Hey this is Ryota from Live Musician, guitarist of MP12!!
I've been playing the Guitar for about 4 years. Reason why I joined MP was last year's MP songs sounded pretty fun. BUT!!! this year's MP songs, they are kinda unknown world for me!!  I usually prefer to play some rock music. I've never tried those kinda country , ballad and jazz before. And I'm still a bit afraid of them.lol

こんにちは、Live Musicianから、MP12のギタリスト亮太です!
ギターを弾き始めてから4年くらい経ちます。MPに参加したきっかけは、去年MPソングがとても楽しそうな曲だったからです。が、しかし!!! 今年のMPソングは私にとってもはや未知の世界。普段はロック系を好んで弾くので、こういうカントリー系、バラード、ジャズ系は弾いたことがありませんでした。そして未だに若干ビビってます。笑

So, today we had last run throughs at 砂町文化センター.
I think it was the largest rehearsal place we had ever had.
and yeah, I think everybody could do the best there. I really liked it especially casts' improvisations.

さて、今日は砂町文化センターにて、最後の通し稽古がありました。今までの稽古場で1番大きかったんじゃないかな?
そして皆各々の力を十分に発揮できて、とても良かったと思います。キャストのアドリブも好きでした。

Till today, we live musicians practiced a lot but still we have to improve our skills much more we know that right. And sorry for my 三味線sound for The Road That Never Ends. I can't help it cause that's the taste of that acoustic guitar :( my skill isn't enough thats the fact as well. I gotta play it more properly.

今日まで、僕たちLive Musicianはめちゃくちゃ練習してきました。でも、まだまだ改善の余地はあります。自分たちもそれを自覚しています。そして、The Road That Never Endsのギターの音、また三味線でしたね、ごめんなさい...
あの音はギター本来がもつ特有のものなので、どうにもできません。でも自分の技量が足りてないのも事実です。もっときっちり弾きます。

So, we done our runs, and what's left? Yes, Performance!! though we still have Last Check but I did today's runs like we never ever have practical time anymore after this, only the performance that's what we do have. So I think I could do my best today, didn't really made mistakes. (best thing is no making mistakes)

さて、これで通しは終わりました。後は何が残っているか、そう、本場です!ラストチェックがまだ残ってはいるけれども、自分は今日でもう練習できる時間は一切ないという意気込みで取り組みました。だから、自分のベストは尽くせたと思います。ミスもそこまでしませんでした。(1番はミスをしないことだけど)

....Okay, the conclusion is
....はい、結論言います、


みんなお疲れ!


Hope everything going well.
全てが上手くいきますように。


Ryota Sato
Live Musician of MP12
スポンサーサイト

It's Our Turn.

Hi!!!!!! Long time no talk! This is Sen Gibbs back! Haha. Do you remember me? How have you been? I kinda feel sorry since I've already written this blog before. But I volunteered again because people looked tired and because I went through some changes after I wrote the previous one, which made me feel need of writing.

こんにちは!お久しぶりです!また千ギブスです。(笑) 覚えてらっしゃいますか?お元気でしたか?二回も書くようになってもし書きたかった人いれば申し訳ないです。でも、ブログ書く人決める際、みんな疲れてるみたいだったし、前回書いた後から自分に変化があったので何でもちょっと書きながら考えをまとめようと思ってからです。

Not only me, lots of members seem to be going through lots of hardships. Some people are struggling with 'Ego Trip'. Some people realized and confessed how seriously chicken he or she was. Some people found it hard to break down the wall between the person and other members, which made 'Talk and Listen' impossible to take place. Some people had to fight with loneliness and some people had to find a way to deal with personal matters. With these hardships, some were reluctant to say that 'this world is WONDERFUL' .

私だけではなく、多くのメンバーがいろんな逆境の道をあるいています。ある人は自分のエゴで苦しんだり、 ある人はどれぐらい自分が怖がりであるかを悟り、告白しました。ある人は自分と他人の間の高い壁により、MPで核心的な活動でもある’トークアンドリスーン’ができないことに気づきました。ある人は寂しさを戦ったり、ある人は自分の個人の混乱を処理する道を探らなければなりませんでした。こういう状況の中、世界がWONDERFULだと確信もって言えなく困ったりもしました。

There were lots of cries during the past two weeks. I, myself, cried a lot too.
ここ二週間たくさんの涙がありました。 私自信もたくさん泣きました。

But there were as many hugs as cries.
しかし、涙ほどたくさんのハッグもありました。

There were some breakthroughs as much as breaking down.
崩されることもたくさんありましたが、一段階成長することもそれほどありました。

Spirit of community is being born, by helping another to stand up and leaning against one another, just like Grover's Corners in our play would do.
この劇の舞台でもあるGrover's Cornersのように、お互いが立たせたり、お互いに肩を貸してあげたかったりしながら、本当のコミュニティーの精神が生まれ始めました。

Changing the subject, do you know what I think most beautiful?
I found the best beauty of this world when I see a sprout coming out of the earth. Imagine how this air must have been awful heavy to that very little sprout. But sprouts, no matter how heavy the air might have been, it eventually come out of the earth and let us know of that spring is coming with lots of hope.

話ちょっとかわりますが、私が個人的は一番美しいと思うことは何でしょうか?
私は新芽が壌の中から立ち上がる瞬間を一番美しいと思ってます。考えてみてください。あの小さい新芽に取って、壌の上にある空気はどれほど重いものでしょうか?でも、その気圧がどれぐらい大変なものかにかかわらず、新芽は結局壌を切り抜けて世界にでるのです。そして、とても大きい希望と一緒に今年も間違いなく春が来ることを教えてくださいますね。

With same reasons, I love rainbow after a severe rain. No rain, no rainbow.
And I love the clean blue air after the rains.
同じ理由で私は雨の後の虹が好きです。
雨の後のとてもきれいな青空も好きです。

I also do love seeing this beautiful moments from people too.
I saw this from the children when I went to volunteer in Minami-sanrikucho in Tohoku. Their school was totally destructed and had to study far away in another city using closed school. They sang some songs to express their gratefulness. One of the song was 'Believe', a very hopeful song. And I felt lots of hope and loved it so since I thought it was so beautiful. The same kind of beauty I find from a sprout.

私はそういう瞬間を人から見ることも大好きです。
東北にボランティアで行ったとき子供たちからもこの美しさをみることができました。彼らの学校は津波で完全破壊され、隣の都市の廃校を使って勉強しなければなりませんでした。一年の後、戻る際ありがとうの気持ちを表現するために歌を歌ってくれました。その中一つが'ビーリブでした。とても、希望あふれる曲ですよね。彼らからとてもたくさんの希望を与えられたし、とても強い美しさを感じました。新芽からみる同じ美しさがそこにありました。

Now I see this is my turn. Nop, OUR TURN to show this beauty to everyone.
No matter how heavy the air, the difficulties might be upon us, we will come through the earth together and stand up straight on the stage.

そして、今は私の番だと思います。いいえ、私たちの番です。この美しさをみんな見せてあげる私たちの番。
どれほどわれらの上に押している空気、つまり、混乱さや現実が重いかにかかわらず、結局私たちは一緒に壌を切り抜け、ステージの上で一緒に立ち上がるでしょう。

We 92 people will show you the sky we see. I hope you also feel it's beautiful as I see it from a sprout and the children from Tohoku.

われら92人がみなさんに壌を切り抜け始めてあう空をみんなに見せてあげたいです。私が新芽や東北の子供達からみたように私たちの立ち上がる姿をみて美しいと思ってもらえたいです。

Curtain Call is…

Hi! I'm Muuuuuu.
In MP11, I'm Rose, because I was beautiful like a Rose…sorry I tell a lie.

こんにちは!
Muこと村瀬亜紀子です!
MP11ではRoseでした。薔薇の様に美しいということで…嘘です。


In MP11,I was M&C and in MP12, I'm a member of Cast.  I love MP.

MP11ではメイコスを、そして今年はキャストとしてまた懲りもせずMPをやってます。中毒性があるんですよね、MP。大好きなんです。


Today, 
I wana write about Curtain Call.

今日なんでブログを書きたいなぁと思ったかと言うと、カーテンコールについて書きたかったからです。

In satuaday R/T, Hisashi said “Today's CC is suck!!!” It was big probrem for MP12. 
土曜のリハで、ひさしにカーテンコールがつまらない!と言われてしまいました。それって、とても悔しいことで。

“MP is Curtain Call !”

I think so too. CC is the best beautiful monent in MP because we can share our passion with every member, and also we can send our passion to audience.

MPはカーテンコールだ!
という言葉があります。本当にそうだと思うのです。カーテンコールのとき、メンバー全員がステージでひとつの舞台を作った情熱をシェアして。その情熱は観客にまで届くと思うんです。


In sunday Rh, we practiced CC.
Ayap choreographed CC,and its soooooo nice! But maybe we were worried about it too much bcz we didn't have confidence about  new choreograph and songs yet.

日曜日のリハで、カーテンコールの練習をしました。あやPが素敵な振り付けを付けてくれました。でもまだ覚えきれていないことで自信がもてず、目が泳いでしまいました。


But I realized a very important thing.
でもとても大切なことに気が付いて。

When we practiced choreography with making big carcle, I felt choreography help us to become one. CC conect with “here we are" and it'll be great moment.

皆で輪になって振り付けの練習をした時、振り付けも歌も魂を込めるためにあるんだな、って肌で感じたんです。それが物語と繋がって、物凄いものになるなって。


そして
“You are still the one”

あなたは今でも
大切な大切なひと

Maybe now, I meet such friends who I want to say it  someday.

そうやって心から言える仲間に
出逢っているとしたら。

Only three months.
But this moments are  really precious. We talk many things fully.


このたった3ヶ月で
たった3ヶ月でこんなに真剣に話してるって、すごいなって。


MP is the place 
we can open our doors.
Accept anythings anybody.That's why we can find special friends.

自分を開いてもいい場所

自分のドアを開いても受け入れてくれる場所MPだからこそ、そういう仲間になれるのかなって。

“What a wonderful world”

Hisashi always says, “ Maybe you are too young to understand its meaning.” haha:)But somehow I want to understand. I want to share.



これを理解するにはまだまだ青いとひさしによく言われる(笑)のですが、私の21年間でみてきたもの、いろいろ上手くいかないけど、それでも素敵な世界を伝えた
いなって。


I want to send thanks to my world.
感謝したいな、って思うのです。


mu…What I want to say is.
何が言いたいかというと、

MP12 CC will be great!


今年のカーテンコールは
すごいことになりそうです!笑

Thank u♡

Time Flies

Hi,I'm HATA from Casts.
I'm glad to have a chance to write blog.
Today was the last Rh before TRh! I think TRh is really exciting! Last year I was one of the lighting member,so I knows TRh is precious.(actually I made so many mistakes at that time) We can use the real stage and see every sections GREAT works!!

ども、キャストのHATAと申します。ブログをかけて光栄です。
今日はテクリハ前の最後のリハでした。思うにテクリハは激アツです!去年照明をやっていたのでその大事さを知っているのです(んまーいろいろやらかしましたが…)
初めて世田谷区民会館で各セクションが一つの舞台を作り上げるのです!!


Last year I have never thought like that.
I'm not good at showing my feeling and I don't like to share emotions.(why am I a member of cast??)
In MP11, I left many regrets. So I came back. This year I don't want anyone to leave any regrets.

去年はそんなことあんま思ってなかったな。
僕は感情を表に出したり、気持ちをシェアするのが苦手、嫌いです。(なんでキャストやってるんだろね??)
MP11でたくさんの後悔を残しました。(どんな後悔かはシェアしない笑)だから今年帰ってきました。
誰にも後悔してほしくないです。


When I was a high school student, I belonged to the track and field club.
Before our retirement, we lived incredibly fully, gobbled each moment. I can easily remember that days.

高校生の時僕は陸上部に所属していました。
引退する前、僕たちは信じられないくらい充実した日々を送っていました。
今も容易にその頃のこと思い出せます。


All I want is that kind of feeling.
We must live fully rest 3 weeks. Oh, we only have 3 weeks!?
Time flies!
Why don't they do something about it!!
Go for it baby!

そんな今を生きる気持ちがまた味わいたかったのかな。
あと三週間充実させるしかないな。え!?あと三週間しかないのか!?
光陰矢のごとしね。今年ははえーや
何かしなくていいのか?やるっきゃないな!


Thank you for reading, I only can write simple one.
But our play will be GREAT piece!
Please come to our performance on May 12th and 13th !

読んでくれてありがとうございます。深夜のテンションでやらかさないように粗末なものになってしまいました。
しかし、僕らのステージは傑作となるはずです!
ぜひ5/12.13は僕らのパフォーマンスへいらしてください。

HATA

What Should We Do to Convey Our Message?

Good Evening, I am Yubo and I am one of the musicians who play the keyboard.
ライブミュージシャンとして鍵盤を弾く一人のゆーぼーです。こんばんは。

We finished 4th Run Through. This time, our choreographer Ayapy added dance to our curtain call!
Run through is the opportunity so precious to everyone in each section to work with all the members. We, Live Musicians also put importance on Run Throughs because we can experience the same thing as the actual performance in May - Same atmosphere, same nervousness we all have before the play starts and in the intermission, and so on. It is also the time we strongly feel we are seen on the stage by the audience. So we take care of our postures and our attitudes. We have some guests who have already experienced MP in our Run Through every time and they add some tension to the atmosphere, however, I feel like I am gradually getting used to it as we practice over and over.

4回目の通し練習を終えました。今回は、振り付けのあやぴーによってカーテンコールの歌に動きがつきました!
通し練習は、普段別々に働いている各セクションが集まる貴重な時間であり、私たちミュージシャンも毎回それを痛感しながら練習をしています。開演前の静けさも休憩時間の緊張も本番と同じで、舞台上では常に見られている意識を持って姿勢や態度にも気を使います。ゲストのOB,OGの先輩方が見に来てくださっていることでさらに張りつめる空気にも、回を重ねるごとにだんだんと慣れ、以前よりのびのび演奏できてきたように思います。

What is Live Musicians in MP? I thought about it and talked with other members. It seems we, Live Musicians are like half-actors & half-staffs. We play music on the stage, not in other places hidden from the audience because our work is to assimilate our feelings to those of the characters, and to let the audience see us producing the music and conveying the message. It is not good only to play music well thinking about nothing. We have to think about who we are on the stage so that the whole play make sense.

MPでのライブミュージシャンは、どういう存在なんでしょうか。考えて、メンバーとも話し合ってみました。私たちライブミュージシャンは、半キャスト、半スタッフっていう立場にあるみたいです。生演奏である意味は、舞台上で起こる物語に自分たちも同化させること、お客さんの目に見える場所で演奏して、その音が届く過程を示すこと。だから、私たちはただ漫然と座って上手く演奏すればいい訳では決してない。物語の中で私たちは何者として舞台上にいるのかを考えないと辻褄が合わなくなっちゃうし、どう演奏するのかがさっぱりわからなくなってしまいます。

Hisashi, our director always tells every one of us to "breathe the same air" during the play. Each section should gather like a piece to let the beautiful "chemical reaction" happen. What can I do for that? Playing the keyboard on the stage, behind the characters, I try very very hard to see the same things as the characters do, feel what characters feel, look at the moon and the stars in the sky. Those experiences should be mine, everyone's. None of us should be an outsider. I feel that is the first step to make the audience experience the same thing as the characters.

ディレクターのひさしがいつもいつも繰り返し言っているのは、公演中、全員が同じ空気を吸うこと。各セクションがぴったり合って、化学反応を起こさなきゃいけない、と。そのために、私は何をすべきなんでしょうか。後ろで弾きながら、登場人物が見てるものを一緒に見て、感情も、あたかも自分のことのように必死に考え、同じ星空や月を必死に見上げる。絶対に他人事ではいけない。それができて初めて、その話を客席から見てる人にも同じ体験が共有できるのかもしれません。

Every member wishes the audience to feel something (if it is small or big) after watching this stage. This is not easy. Our stage should not be just self-satisfaction. How can we send our message through this play? - That is what I am going to think very hard until the performance day.

この話を見終わったお客さんに、必ず何か持って帰ってもらおう、っていう意気込みでみんなでやっていますが、それは簡単なことではありません。自分たちだけで盛り上がっていてはそれは達成できません。どうしたら伝わるのか、それを考えて考えて、ラスト一か月弱やろうと思います。

We are still struggling but every time Hisashi gives us the comment saying "This is gonna be a really good stage" and it really helps me a lot. Thank you.

私たちはまだまだ奮闘中ですが、通し練が終わった後のひさしの「必ずいい舞台になる」という激励に、いつも助けられています。本当にありがとう。
プロフィール

Model Production 2012

Author:Model Production 2012
Model Production 2012 Official Blog へようこそ!

ここではModel Production(東京学生英語劇連盟/通称MP)とは何か、MP12を作り上げていく過程・リハーサルの日々をつづっていきます。

ご質問や、ご参加に関するお問い合わせは、
modelproduction12@gmail.com
までお気軽にどうぞ♪

MP12 Official Website
http://mp2012.web.fc2.com/

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。